丹波黒枝豆にかける思い

私は地域商社という立場で主に兵庫県産の農産物を取り扱っております。

黒枝豆は2011年頃からamazon・楽天・yahooで販売しております。

2016年秋に篠山市×神戸大学の産学連携で「篠山イノベーターズスクール」というローカルビジネススクールが誕生しました。

ーーー スクールの趣旨 ---

篠山イノベーターズスクールは、篠山市と神戸大学の地域連携事業の一環として開講された、全国でも先駆的な農村での起業・継業(事業継承/第二創業)に特化したローカルビジネススクールです。 JR篠山口駅の農村イノベーションラボをメイン教室として、ローカルビジネスのスタートアップに求めれる基本的な「地」と「知」(セオリー、ノウハウ、ネットワーク)を、一年間で獲得できることを目指しています。 また、篠山市への移住定住、融資・投資など地域の産官学民金が連携して、修了後もサポートする体制づくりも進めています。 あとはJR篠山口駅のプラットフォームから一歩前に踏み出すだけ。みなさんの旅立ちをお手伝いさせて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーー

私は1期生として食べる通信(※1)を題材としたローカルメディアに関して学びました。

 

農村地域であります丹波篠山は高齢化・担い手不足が深刻です。耕作放棄地も増える一方で人が手入れをしない山もどんどん荒れてきています。昨今の猪・鹿・アライグマなどの獣害も人が森を手入れしなくなったことが要因だと思います。

 

そんな地域の課題の解決策としまして、黒豆の栽培面積を増やして収量を増やし、所得も増やして孫世代や新規就農に関心のある方が地元の特産、農業に魅力を感じるようになって、担い手が少しでも増えてくれればという思いで取り組んでおります。

また丹波黒大豆は定植から刈り取り、選別まですべての作業を手作業で行っている農家がほとんどです。ですのでシーズン中は家族総出で作業を行います。枝豆狩りや直接買いにくる長い付き合いのお客さんも多く、販売までに手がまわりません。そんな状況をお手伝いできればと、少しだけ通販のノウハウのある私が自ら進んで販売を行っております。

 

当店で取り扱っております黒枝豆はすべて顔見知りの農家さんからいただいた豆です。

何よりも最高に美味しい。こんな贅沢なものをいただけるありがたさに感謝しています。

 

みなさまには現地の空気感や匂いなど、現地に来たような気分でお買い物を楽しんでいただければ幸いです。

 

画像 昨年の丹波黒枝豆の作業風景 収穫した豆をお姉さま方が選別しています。

そのできあがりを待っているところです。ここから袋詰めと梱包は当店が行います。