第12回たまご研究会開催のご案内

こんにちは。
今日の小野は曇りです。ラジオで行ってましたがPM2.5が来てるようです。

さて毎年日から枯れています日本たまご研究会が今年も開催されます。
この研究会はたまごに含まれる成分を使って薬の開発の発表や商品化など、たまごに関する真面目なお話が主です。
ファーマフーズという会社が後援されています。

(株)ファーマフーズ (マザーズ 2929) 
  • 【特色】機能性食品素材を開発、食品メーカー等に販売するバイオベンャー。ギャバや葉酸卵が収益柱


確かインフルエンザに効くタミフルもたまごのタンパク質からつくられていたはず。
理系素人の私西田的に言いますと、たまごには100種類以上のタンパク質が含まれていて、それらの有効活用があらゆる分野に影響しているって感じで




開催場所は京都女子大です。私も都合が合えば行きます。
紅葉が見れるかもしれないし、京都観光がてらいかがでしょうか。


=第12回 日本たまご研究会開催のご案内=
拝啓 残暑の候、皆様におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
 
さて、このたび第12回日本たまご研究会を以下の通り京都女子大学にて開催いたします。
本年は各界でご活躍の先生方に、最新の話題提供をお願いしました。
 
鶏やたまごに関連する多彩な情報として、たまごのサルモネラ汚染の現状、鶏卵管の構造・機能解析、卵の調理に新たな道を拓く技術開発、
鶏モノクローナル抗体の実用化技術開発等の話題、更に世界初のアルツハイマー治療薬・アリセプトの開発物語と卵レシチンの脳に及ぼす可能性の話など、
これまでにも増してたまごに関わる多彩な情報をこの研究会から発信して参りますので是非ご参加下さい。
ご参加をご希望の方は、添付の申込書に記入の上、たまご研究会事務局までご返信いただきますようお願い致します。



第12 回日本たまご研究会開催のご案内
皆様、毎年たまご研究会に多大なるご支援とご協力を賜り、ありがとうございます。
第12 回日本たまご研究会(Egg Science Forum 2015)のご案内をさせていただきます。
今回は11月14日(土)13時30分から16時30分まで京都女子大学で開催いたします。

たまご研究会を主催し今年で12年を迎えます。
本年は各界でご活躍の先生方に、最新の話題提供をお願いしました。鶏やたまごに関連する多彩な情報として、たまごのサルモネラ汚染の現状、鶏卵管の構造・機能解析、卵の調理に新たな道を拓く技術開発、鶏モノクローナル抗体の実用化技術開発等の話題を、4名の先生方にご講演いただきます。さらに、世界初のアルツハイマー治療薬・アリセプトの開発物語と卵レシチンの脳に及ぼす可能性等について杉本八郎先生からお話を伺います。

なお、たまご研究会の後には、京都女子大学の大食堂(会場より徒歩5 分)で懇親会
を開催いたします。全国から多くのたまご関係者がご参加くださる研究会でもあり、懇親会には講演者や座長の先生もご参加くださいます。是非、この機会にご歓談いただき、懇親を深めていただければ、ありがたく存じます。

今年の11月14日(土)、皆様には第12回日本たまご研究会(Egg Science Forum2015)にご参加いただき、有意義なたまごの日にしていただければと思いす。

ぜひご参加の程、どうぞよろしくお願いいたします。
申込方法:参加申込書に、氏名、ご住所、勤務先、所属、Tel 及びFax 番号およびE-mail
アドレスを明記の上、E-mail もしくはFAX にて、下記の日本たまご研究会事務局まで
お申込み下さい。
日本たまご研究会参加費:2,000 円(学生 無料) 定員:200 名
懇親会参加費:3,000 円 定員:100 名
日本たまご研究会事務局:E-mail:tamaken@pharmafoods.co.jp
日本たまご研究会 会長
広島大学名誉教授 松田治男
第12回日本たまご研究会
~Egg Science Forum 2015~
日 時: 2015年11月14日(土) 13:30~16:30
場 所: 京都女子大学 C校舎5階大教室(C501)
参加費: 2,000 円 (学生 無料)
《開会の挨拶》 (13:30~13:35)
広島大学 名誉教授(日本たまご研究会 会長) 松田 治男 氏
《講演》(13:35~16:20)
1.『わが国の鶏卵のSalmonella Enteritidis 汚染』(13:35~14:05)
演者:北里大学 獣医学部 客員教授 中村 政幸 氏
座長:広島大学 名誉教授 松田 治男 氏
2.『卵の形成:卵巣と卵管の神秘な構造とその役割』(14:05~14:35)
演者:広島大学大学院
生物圏科学研究科 家畜生体機構学研究室 教授 吉村 幸則 氏
座長:ドイツ・ハノーバー 国際神経科学研究所 脳神経外科 名誉教授 大井 静雄 氏
3.『卵の調理革命、楽ラクレンジシリーズ「スマデリバッグ®」について』(14:35~14:55)
演者:凸版印刷株式会社 関西生活・産業事業部
ビジネスイノベーション本部 販売促進部 部長 富阪 勲 氏
座長:京都大学 農学部 農学研究科 准教授 林 由佳子 氏
休 憩 (14:55~15:15)
4.『高病原性鳥インフルエンザウイルスの簡易診断キットの実用化』(15:15~15:45)
演者:株式会社ファーマフーズ 主席研究員 庄屋 雄二 氏
座長:金剛薬品㈱ 代表取締役会長、㈱ニッポンジーン 代表取締役 米田 祐康 氏
5.『アルツハイマー病の根本治療薬について』 (15:45~16:25)
演者:同志社大学大学院 脳科学研究科
チェア・プロフェッサー(教授)(元㈱エーザイ研究所長) 杉本 八郎 氏
座長:ロート製薬㈱ 取締役副社長 ジュネジャ・レカ・ラジュ 氏
《閉会の挨拶》 (16:25~16:30)
京都府立医科大学 学長 (日本たまご研究会 副会長) 吉川 敏一 氏
懇親会 (16:40~18:30)
会場:京都女子大学 A校舎学生食堂(A校舎 地下1F)
参加費 3,000円、事前登録制(定員:100名)
《乾杯の挨拶》 京都女子大学 家政学部 食物栄養学科 教授 八田 一 氏
(日本たまご研究会 副会長)
【主催】 日本たまご研究会
【後援】 京都女子大学、NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議、社団法人葉酸と母子の健康を考える会、
JA全農たまご株式会社、株式会社ファーマフーズ




(有)おはたま本舗 
兵庫県小野市敷地町1133-1
HP http://www.ohatama.com/
yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/ohatama/